憲法を書き展示する会 田崎基記者の講演

田崎基講演会

神奈川新聞 田崎基記者による講演 「岐路の憲法~安倍改憲の表層と深層~」

2018年4月25日(水)の後援会、多くの危機感を覚える方たちが集まって、

憲法改正に進む現状、今後予想される国民投票に至るスケジュールなど、

明快な解説に図解と共に耳を傾けました。

氏の明るく力強い声とは裏腹に、展開される話の内容に、何やら背筋の凍る

思いがしました。

政治や社会状況に無関心な人たちが大勢を占める日本人の現状に、いや、

戦争だけでなくて、普通に暮らす中に如何に「憲法」が存在し、それが簡単に

変えられてしまうことによって、私たちの普通の暮らしにどんな影響が及ぶのか

を実感してもらうための地道な活動が、今一番必要とされるのだと、何だか、

心底思ってしまいました。

カテゴリー: イベント, ブログ